マツダ乗用車

現行モデルは3代目となっており

アテンザ

 

アテンザはマツダが製造している乗用車です。
初代は2002年に発売され、現行モデルは3代目となっており、アテンザでは初となるディーゼルエンジン車が設定され、注目を集めています。

 

CX-5同様のターボエンジンが搭載され、環境に配慮した造りでありながらもスポーティーなパフォーマンスが楽しめるクルマとなっています。
流麗なラインとスタイリッシュな顔つきが特徴で、誰もを振り向かせる美しいフォルムが人気の秘密です。

 

上質なインテリアは乗る人すべてにくつろぎの空間を与え、ドライブを贅沢なひとときへと変化させてくれます。
走行に関しても、走る、曲がる、止まるというクルマの基本性能にリニア感をもたらし、発進から真の楽しさが感じられるクルマとして非常に高い魅力を持っています。

 

静粛性にも優れており、耳障りなロードノイズで快適なドライブが妨げられるようなことはありません。
また、2014年次RJCカーオブザーイヤーを受賞し、2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤーではそのデザイン性の高さやドライブフィールなどが評価され、エモーショナル部門賞を受賞しました。

 

日本が誇る実績の高いクルマのひとつとなり、今後もさらなる発展が期待されます。

12/28